麻痺や骨折などで下肢装具をつけているので、装具の上から履ける靴が欲しい・・・。

そう思っても、なかなか満足のいく靴って見つからないですよね。

まず、履き口の問題。
これは、大きく開いてくれるデザインでないと、そもそも足が入りませんよね。

次に、サイズの問題。
右と左でサイズが違ってしまうので、ピッタリサイズにしようと思ったら、同じデザインの靴を2足買わなくちゃいけません。

いろいろ迷った挙句に、オーダーメイドまで考えている人もいるかもしれませんね。
でも、そこまでしなくても普通の靴でも装具の上から履く方法はあります。

どんな靴でも履けるというわけではありませんが、ちょっとしたポイントをおさえれば、普通の靴の中から見つける事も可能です。

スニーカーの脱ぎ履きを楽にする方法

装具の事を考えると、スニーカーはやはり「ベルクロ」タイプを選ぶ方が多いようです。

日本国内正規品 アディダス adidas スタンスミス STAN SMITH コンフォート CF ベルクロ ホワイト×グリーン S75187

ただ、ベルクロのデザインでも「マジックテープの長さが足りない」とか、マジックテープを固定するための「金具」が当たって痛いなど、問題もあるようです。

かといって、ヒモ靴は脱ぎ履きのたびに「ヒモをほどいて結び直す」という煩わしさが付きまといますよね。
これが無ければ、だいぶ選択肢が広がると思います。

ところが、靴ヒモをほどく必要がないアイテムというのがあるんです。

本来ヒモで固定してる部分を、代わりに強力な磁石を使うことで、脱着が楽にできるようになっています。

これならベルクロよりも甲の高さが調整できるし、脱着も楽ちんです。

左右のサイズ差を埋める方法

装具をつけたまま履ける靴を選ぶときに難しいのは、左右でサイズが違うという事もあると思います。

でも、この左右のサイズ差もアイテムを使って乗り切ることが可能なんです。

長さ」に関しては、靴の先にストッキングを詰めたり「つま先クッション」を入れるなどして、靴の中で足を安定させると良いと思います。

そして、もう一つ「甲の高さ」の問題がありますよね。
どうしても装具をつけている方の足の方が、甲が高くなってしまいます。

そんな高さの調節に良いのが「インソール(中敷き)」です。

両足の高さの違いを見て、インソールの厚さを決めると良いと思います。

フォーマル・タイプの靴

スニーカーを履くのはアイテムで工夫する事も出来ますが、革靴タイプはなかなか難しいと思います。

残念ながら革靴は、どうしても履き口の狭さがネックになってしまいます。
甲や幅の調整も、ほとんど出来ませんよね。

それでも革靴が必要なときにおススメなのは革靴風の靴です。

[カイホシュギ] 健康快適シューズ 快歩主義 M021 B01BLYQJFI

フォーマルと言うと語弊があるかもしれませんが、ビジネスシューズ調のデザインになっています。

幅は4Eのゆったりタイプで、履き口はベルクロで開閉できます。

履きやすさや調整のしやすさでは普通の靴にはない良さがありますが、この靴にはひとつだけ問題があるので注意が必要です。
それは靴底が薄いという事です。

この靴でアスファルトを長時間歩くと足の裏が痛くなってしまうかもしれないので、インソールは必須だと思います。

コメントは利用できません。